呼吸器科

« 診療科一覧に戻る

呼吸器内科

概要(対象疾患と診療内容)

当科は内科のうち主に呼吸器疾患を扱っています。 肺がんは中部医療圏の地域がん診療連携拠点病院としての役割を担っています。呼吸器外科・放射線科と連携し集学的医療を行っています。当科は主に診断と化学療法を担っています。また、当院には結核病棟があり、結核の診断・治療も担っています。
他の医療機関で診断・治療が困難であった重症肺炎や難治性肺炎・気胸が紹介されてきます。間質性肺炎、膠原病合併肺疾患やサルコイドーシスなどの診断・治療も行っています。気管支喘息や肺気腫の慢性肺疾患急性増悪の急性期診療も行っており、慢性期の外来診療はかかりつけ医にお願いしています。但し、在宅酸素療法や在宅人工呼吸管理が必要な患者は当科でも管理しています。

当科診療の特徴

肺がん、肺炎(細菌性、間質性など)、慢性肺疾患急性増悪の3疾患が当科の主要な疾患です。各疾患の確定診断をすることが重要な使命であります。治療に関しては薬物療法を中心に、酸素療法・人工呼吸管理も行っています。また、近年高齢患者が多くなり、併存症が多く病態が複雑化しています。患者・家族と共に予後を見据えての提供できる医療について考えていき、患者中心の医療を実践しています。
当科の診療実績に関しては、当院の特徴「診療情報管理室」などの中に掲載されています。

主な検査
肺機能検査
いわゆる肺活量等肺の働き具合を見る検査です。
喀痰検査
喀痰内の細菌や細胞等を検査することは重要で、肺炎や結核、がんの診断に有用です。
胸部画像診断
一般には胸の写真を撮ります。必要な時は断層写真であるCT等の特殊な写真を撮ります。また、PET-CT検査も実施します。
気管支内視鏡検査
経5㎜のスコープを口から気管・気管支に挿入し、気道内を観察します。末梢気道病変に対してはさらに細いブラシや鉗子を挿入し、透視下で病変を狙い細胞・組織を採取します。採取した標本で、病理組織検査や腫瘍遺伝子検査等を行います。
胸腔穿刺
胸水検査としてエコー下に胸腔内に針を刺し、胸水を採取し検査します。
経皮胸腔内腫瘍・縦隔腫瘍生検
胸壁に接した胸腔内腫瘍や縦隔腫瘍に対し、エコー下に針を腫瘍内に刺し組織を採取し、病理組織診断や腫瘍の遺伝子検査を行います。
主な治療
  • 薬物療法 内科の中心的治療法です。
  • 酸素療法 在宅酸素療法を行います。
  • 呼吸管理 マスク式と気管挿管式人工呼吸器があり、在宅での呼吸管理もいたします。
  • 胸水治療、気胸治療 胸腔内にドレナージチューブを挿入する胸腔ドレナージ術、薬剤による胸膜癒着治療もいたします。
  • 呼吸リハビリテーション リハビリテーション科と協働です。

スタッフ紹介

氏名 星 進悦(ほし しんえつ)
職名 第1呼吸器内科長兼情報管理室長
卒業年 昭和53年 東北大学卒
専門領域 呼吸器病学(感染症、腫瘍学)
学会資格等 日本内科学会(総合内科専門医)、日本化学療法学会(抗菌化学療法指導医)、日本診療情報管理学会(診療情報管理士)、日本環境感染学会認定ICD、日本臨床腫瘍学会(暫定指導医)、日本超音波医学会(超音波指導医・専門医)、日本感染症学会(暫定指導医)
氏名 千葉 真士 (ちば しんじ)
職名 呼吸器内科医長
卒業年

平成25年 岩手医科大学卒 

専門領域 呼吸器内科全般 
学会資格等 日本内科学会(認定内科医)、日本呼吸器学会、日本肺癌学会、日本アレルギー学会、日本呼吸器内視鏡学会 
氏名 阿部 和幸 (あべ かずゆき)
職名 呼吸器内科医師
卒業年 平成26年 岩手医科大学卒 
専門領域  
学会資格等  

診療予定表

診療予定表のページをご覧ください。

 

認定施設

取得認定・指定医療のページをご覧ください。

 

上に戻る

サイト内検索 powered by Google
  • 〒024-8507
  • 岩手県北上市村崎野
    17地割10番地
  • TEL: 0197-71-1511
  • FAX: 0197-71-1414

当院では患者さんのプライバシーを守るためお電話での入院案内、病状照会へはお答えしておりませんのでご了承願います。