薬剤科

院外処方せんにおける疑義照会簡素化プロトコールの運用について

ごあいさつ

保険薬局 管理薬剤師 各位  

平素より当院の処方せんを応需していただきありがとうございます。 

薬剤師による疑義照会は医薬品の適正使用上、重要な業務です。患者さんの個々の病状や検査値を勘案した疑義集会・処方提案はますます重要となり、その件数も増えています。一方で、形式的な疑義照会はそれ以上に多くあり、患者・薬局薬剤師・処方医師それぞれのご負担となっている場合もあるかと存じます。

岩手県立中部病院では、薬物治療管理の一環として、調剤上の典型的な変更に伴う疑義照会を減らし、患者さんへの薬学的ケアの充実および処方医や保険薬局での負担軽減の観点から包括的に薬剤師法第23条第2項に規定する医師の同意がなされたとして、個別の処方医への同意の確認を不要とする「院外処方せんにおける疑義照会簡素化プロトコール」の運用を開始しております。

本プロトコールを適正に運用するにあたり、合意書を取り交わすことを必須としております。参画を希望される場合には薬剤科担当者までご連絡ください。

 

岩手県立中部病院 病院長 伊藤 達朗

 

運用の流れ及び報告様式等

形式的な疑義照会の簡素化について(PDF)

院外処方せんにおける疑義照会の流れ(PDF)

疑義照会簡素化プロトコール運用チャート(PDF)

合意書(Word)

トレーシングレポート(Word)

上に戻る

サイト内検索 powered by Google
  • 〒024-8507
  • 岩手県北上市村崎野
    17地割10番地
  • TEL: 0197-71-1511
  • FAX: 0197-71-1414

当院では患者さんのプライバシーを守るためお電話での入院案内、病状照会へはお答えしておりませんのでご了承願います。

  • 中部ネット